基本理念

 

地域や家庭とともに、

一人ひとりの子どもの育ちを大切に保障していく

子どもをまん中に、地域、家庭、園が手を取りあい、かけがえのない一人ひとりの子ども達をいつくしみ、育てていくことが、社会の一員としての役割であり、責任です。とりわけ乳幼児期の大切な時期を大切に見守り、支援し、生き生きと未来に生きる子ども達を育てていきたいと思っています。


保育理念

一人ひとりを大切に育てる

子どもは一人の尊重すべき人格であることを前提とし、保育者が子どもの可能性を最大限に発揮できるような保育・教育を実践しています。保育者も、子どもとのかかわりの中に新鮮な喜びを感じ、小さな成長一つ一つに偉大な価値を認めることで「一人ひとりの子どもを大切にする保育」は成立していきます。

園目標

なかよく あかるく げんきなこども

「なかよく」他を思いやり、力を合わせて活動できる子

「あかるく」明るく朗らかで、生き生きと活動できる子

    「げんきな」健康なからだと、強くたくましいこころをもった子

園目標を達成するために

○ 十分に養護の行き届いた環境の下に、くつろいだ雰囲気の中で子どもの様々な欲求を適切に満たし、生命の保持及び情緒の安定を図るようにします。

○ 健康、安全で幸福な生活のための基本的な生活習慣や態度を育て、健全な心身の基礎を培うようにします。

○ 人とのかかわりの中で、人に対する愛情と信頼感を大切にするとともに、自立と協同の態度及び道徳性の芽生えを培うようにします。

○ 自然などの身近な事象への興味や関心を育て、それらに対する豊かな心情や思考力の芽生えを培うようにします。

○ 日常生活の中で、言葉への興味や関心を育て、喜んで話したり聞いたりする態度や、豊かな言葉の感覚を養うようにします。

○ 多様な体験を通して豊かな感性を育て、創造性を豊かにするようにします。